カテゴリー
スキンケア

どうすれば・・・ニキビとの戦い

20代半ば頃から急にニキビが出来るようになりました。
顎周りには、常にニキビが出来たり消えたりの繰り返し・・・もちろん皮膚科にも何度も行きましたが、同じような薬をいつも処方されるだけ。

完全レビュー!MELLIFE(メリフ)が届いた様子から効果や解約方法までをご紹介!

皮膚科で処方された漢方も全く効果なし。ある時期は皮膚科荒らしかのように、複数の皮膚科を彷徨っていました。
ある皮膚科では、「ホルモンバランスが原因かもしれない」と言われ、(たしかに生理前に特にニキビがひどくなっていた)
初めて低量ピルを処方されました。

しばらく飲み続けたところ、まさかの体重が8キロ増えるという、恐ろしい結果になりました。
たしかに低量ピルを続けていたとき、ニキビは少しおとなしかったですが、体重増加が恐怖だったため、ピルはすぐやめました。
そして30代になり、突然頬にニキビが出来始めました。皮膚科に行ってもやはり同じような薬を処方されるため、もうお手上げ状態です。

いったい何が原因なのか、本当にホルモンバランスのせいなのか、もしかしたら食べ物のアレルギーなのか、化粧水が合ってないのか、

毎日鏡に向かいながら原因となり得る要素を考えていますが、未だにわかりません。
肌に自信がないと、外出するのも億劫になりがちです。
しかしあきらめたくないので、今日も私は原因の追求と、良い皮膚科探しを続けています。
なんとかなりますように・・・。

カテゴリー
バストケア

胸の重さによる肩凝り、あきらめないで。

「あ?、しんど」
つらくなって、おもむろに肩をぐるぐる回してしまう。ついでに首も回してしまう。
私のバストの悩みといえばズバリ、肩凝りであった。わりと大きめの胸なので重く、年がら年中肩が凝っていた。

http://gerberdeutschland.com/

それまでの対策として、肩凝りに効くというストレッチもいくつかやってみたが、続かなかったり、やり方を忘れてしまったりでダメだった。しかし凝りは溜まり続けていった。

うーん、いい加減、長年のこの肩凝りをどうにかしたい!
そんな悩みを持つ私が整形外科で勧められたのは、ストレッチポールであった。ストレッチポールとは一本の太いポールで、乗るだけで健康増進を図れる優れものだ。

お値段も3000円ぐらいから購入できて、手頃である。数日のランチをお弁当にするだけでいい。
私は、ストレッチポールに乗って10分ほどボーッとしたり、ゴロゴロと体を動かしてみるのが最近の日課になりつつある。痛気持ちいい感覚がクセになる。ストレッチポールに乗る間は極力なにも考えず、ぼんやりするのがハマるコツだ。

もしあなたが胸の重さによる肩凝りにお悩みならば、ぜひ一度お試しいただきたい。
もしかしたら、つらい凝りから解放されたあなたと出会えるかもしれない。

カテゴリー
ダイエット

美味しさの秘密は運動

一つのことを長く続けていると、自然と体が覚えているようなことってありますよね。

例えば、通学や通勤もその一つだと思います。通学の場合は長くても数年かもしれないですが、通勤の場合は長くて数十年、同じような経路を何往復しますよね。試したことは無いですが、今までに往復してきた回数と歩いてきた距離を改めて測ってみたら、きっと良い運動になっていると思いますよ!

極み菌活生サプリ

また、場所を陸から海に移してみても、同じ経路を繰り返し通っている魚がいます。魚と言っても沢山の種類がいるので、聞いたことがない魚かと思いきや、実は美味しいお刺身としても親しまれている鰹なんです。
海には交通ルールも無いと思うので、魚達は好きな時に好きな所を泳いでいるようなイメージもありますよね。でも、鰹の場合は潮の流れに合わせて北を目指して泳いだり、南を目指して泳いだりします。鰹の中でも夏の初めに獲れる「初鰹」は脂が乗りつつも、しっかりと身が引き締まっていてとても美味しいんです!

この美味しさの秘密はやっぱり、いつも泳ぎ回って良い運動をしているからなのかもしれないですね。夏の暑さは大変でもありますが、美味しい初鰹を食べて頂ければ少しくらいは暑くてもいいかなという気持ちになって、暑い中の通学や通勤も乗り切れると思います。

カテゴリー
ダイエット

お肉・乳製品を一ヶ月控えるとどうなる?

昨今糖質オフダイエット・炭水化物抜きダイエットなど昨今よく耳にしますが、試してみると、けっこうストレス溜まりませんか?
また、食べるものも工夫しないといけないし、食材を置き換えて料理するのは結構手間がかかったりもします。

http://efita2019.com/

そこで今回オススメしたいのが、「一ヶ月お肉・乳製品を控える」というダイエット。
基本的にそれ以外の品目は控える必要がないので、お酒もOK、ラーメンもOK(チャーシューはダメですよ!)、焼肉とイタリアンからは足が遠のきますが、和食やエスニック中心に普段の食事を考え直すと、意外に難なく過ごすことが出来るんです。

例えば、食パンなどバターや牛乳を使った製品から胚芽パンに変えたり、お肉をお魚に、ハンバーガーをおにぎりに、コーンスープをちょっとガマンしてお味噌汁に変えたり・・・ほんの少しガマンするだけで、一ヵ月後、ちょっとした変化が体に訪れます。

というのは、お肉や乳製品を体に取り込んだときに、分解するためにアンモニア等の毒素が体内に発生します。
それを吸収してくれる役割を持つのが「内臓脂肪」なのです。

つまり、お肉・乳製品を控えると、内臓脂肪は存在する意味がなくなりますから、徐々に「運動をしなくても」減っていくのです。
この目安が1ヶ月とされており、2ヶ月、3ヶ月と続けていくうちに、食欲は変わらなくても、お腹周りや二の腕、下半身を中心に徐々に脂肪やむくみが落ちていきます。

体験談としては、ピザ大好き!焼肉大好き!な筆者は悲壮なまでの覚悟をもってはじめの1ヶ月に臨みましたが、まず食生活が変わることで、そのガマンしている2品目に対して「食べたい」という欲求が不思議なことにどんどん減退していきました。

お肉はダメでもお出汁はOKなので、中華も結構食べられるものが多く、欠かせないといっても過言ではない飲んだ後の〆のラーメンもガマンしなくて良いのは、ストレスが溜まらない大きな要素の一つでした。

体重の変化としては、まず2週間で1~1.5キロほど減り、3週間目に2.5キロ減っていました。
断食経験があるので、3週間で2.5キロというのがあまり劇的な効果に感じられず、でも折角3週間も費やしたのだし、う~んもう少し変化がないものか・・・と、継続して2ヶ月目に突入。

5週目に入って体重計に乗ってみると、開始時から4キロ減っていました。

ここでこのダイエットのすごいところに気付いたのですが、これまでの様々なダイエットに比べ、圧倒的に「我慢している感がない」ということ。
食べる量もお酒を飲む量も、全く何も変わっていません。パスタだってバター・チーズを控えた味付けのものを大盛り食べちゃいます。

それで4キロ減っているって、よくよく考えると中々すごい・・・そしてとにかく、他の部分に比べてお腹周りから痩せるので、たった4キロ違うだけでくびれが戻ってきたんです!そして8週目にして、目標であった6キロ減量に成功しました。

その後は元の食生活に戻しましたが、2キロ戻ったらまたちょっとお肉・乳製品絶ちする、というルールを設けています。
半年経ちますが、リバウンドはまだナシ、というかまだ2キロ戻らずなので、若干太りにくい体質になれたのかな?と実感しています。

ここで再度、このダイエットの期間中に絶つべきもの、控えるものをリストアップします。

×お肉全般/加工肉含む
×乳製品全般
×マーガリンなどのトランス脂肪酸
△砂糖類/控えすぎるとストレスになるので、洋菓子を和菓子に変えるなど。
△白米→自宅では玄米1:1に変更など、でも外出時は気にせず存分に頂きます!

○筆者が期間中、折角なので気をつけたこと

・普段の料理に使う油をオリーブオイルやアマニ油に変更
・塩をミネラル分の多い塩に変更
・自宅ではビールを糖質0の発泡酒に変更

以上です!
断食、炭水化物オフ、3食置き換え、8時間ダイエットなど・・・様々なダイエットを試してきましたが、本当にやって良かった、と思えるのは今のところこのダイエットだけです。長い人生の中のほんの1ヶ月、試してみては如何でしょうか?