カテゴリー
口臭

高齢者の口臭について

私は80歳になる男性です。現在は無職で家内と二人暮らしという環境です。高齢者の口臭というコラムを書いてみたいと思いますが、あくまでも私の体験をとおしての記述になりますから、総ての高齢者にあてがまらないと思います。高齢になるほど、口臭に対する意識は減少してきます。

ブレスマイルウォッシュの通販最安値は?私の口コミや実際の効果をこっそりご報告!

その理由ですが、1.現役を引退し組織や人との関わり合いの機会や場面が少なくなる。2.歯磨きなどが面倒になり雑になる 3.歯科医院に通うのが億劫である 4.義歯(全部または一部)が多くなる 5.内面の疾患(例えば胃腸に関する)がある場合が多い・・などが主たるものでしょう。私自身も部分義歯が10本、覆冠が7本もあります。若い頃からの喫煙が大きな要因で歯周病を疾患、抜歯に至った結果です。現在も月2回の歯周病予防の為に通院をしております。

歯を無くしてから大いに後悔いたしました。口臭は自分では気がつかず、親しい友人や家族の指摘があって気づく場合が多いです。若い頃は「エチケット」として留意しておりましたが、年を重ねるにしたがって注意も緩んでしまいます。歯磨きなどの「メンテナンス」も丁寧に実行しておりましたが、いつしか雑なものになってしまいます。

高齢になっても自分の歯で噛める喜びを持ち続ける為に、日ごろからの「メンテナンス」は怠らず、時には歯科検診も必要だと思います。口臭のない素敵なシニアでいたいものです。

カテゴリー
口臭

わたしの口臭の悩みは朝方気になることです。

私の口臭が気になるときというのは、朝方です。キラハクレンズを辛口評価!
特に、子供たちを起こすときに気になってしまいます。子供たちのことを機にかけて声をかけるのですが、その時にとても気になってしまうのです。ということで私はしょっちゅう口のにおいが気になってしまって仕方がありません。私はよく子供たちにいろいろなことを感じたり考えたりすることが多いのですが、やっぱりその時に口臭が気になると気が散ってしまいます。ということで私はあまりいい状態ではないということを感じています。

今の状態があまりいい状態ではないということで結構いろいろと悩んでいますし、いろいろなことにつらいなと思うことも多いような気がしています。やっぱり口が匂うということはそれだけ体の中に毒素がたまってしまっているということだと思いますので、それはあまりよくないなということを感じています。

ということで私は今あまりストレスを感じさせないようにするために、一生懸命ストレスを軽減しています。そうすることによって今の状態が良くなるかなと思ってそのようにしています。ということで私は最近そのようにして毎日過ごしています。私は口臭が消えてくれればきっと今の状態も良くなると思っています。

カテゴリー
口臭

朝の口臭が気になります。。

朝起きた時の口臭ってなかなかきついですよね。
夜しっかり歯磨きしてから寝ても、朝の口臭ってなかなか改善されないです。

イニオはマツキヨやドンキなどで購入可能?3ヶ月飲んだ効果と私の口コミをレポート!

寝ている間に細菌が増えてしまうっていう話を聞いたことがあります。
寝る前にデンタルフロスをして、歯の隙間いかすなどが残らないように気を付けても
完璧にはなくなりません。

やっぱり定期的に歯医者さんに通うのが一番の対策なのでしょうか。

また、小さい子の口臭も大人とは違った意味でキツイときがあります。
子供が小さいうちは、大人が仕上げに歯磨きをしても気になるときは気になります。

もし自分の子供が口臭に悩んでいたとしたら、親の立場としてはすごく心配になるかと思います。
臭いが原因でいじめに繋がることもあるかもしれません。
子供は大人より表現が素直な分、口臭などのちょっとしたことが原因でトラブルになることも考えられます。
対策をしっかりしてあげないと!と思っていても、なかなか対策するのって難しいと思います。

いろいろなサイトなどで検索してみても、対策って歯磨きとかフロスなどしか載っていなくてなかなか改善されないですよね。

歯医者さんに相談が一番いいんでしょうけど、女性だと口臭の相談ってしづらかったりします。
なので、身近に相談できるかかりつけの歯医者さんを作ることから始めてみようかなと思います。

カテゴリー
口臭

磨いちゃいけないこともある

口臭が気になった時、皆さんは何をしますか?歯を入念に磨く、舌を磨く、マウスウォッシュをするなど様々な対策があると思います。中でもお金がかからず、誰でも始められるのが歯を入念に磨く、舌を磨くだと思います。

http://www.guesthouseborg.com/

私も以前は口臭が気になっていたため(特に早朝、寝起き)歯や舌を入念に磨くようにしていました。しかし、一向に口臭は改善されませんでした。それだけではなく、歯を磨きすぎることによって歯の表面のエナメル質が削れてしまい、知覚過敏になってしまいました。また、舌を磨くことによってさらに口臭がひどくなってしまいました。後から知ったことなのですが、舌を必要以上に磨くことで、デリケートな舌が傷ついてしまい、口臭の原因である菌をさらに増加させてしまっていたのです。

私自身は頑張っているつもりだったのに、それが自分自身の口臭を増悪させていただけでなく口腔環境を悪くしていたのです。そこで私はもう一度口臭対策を見直してみました。口臭が気になるときは口が乾燥しているときだと気付きました。それに気づいた私は、唾液がしっかりでるように水分をしっかり摂取したり、ストレスを溜めないように睡眠をよく取ることを心がけました。その結果、現在ではかなり口臭が改善しました。口臭でお悩みの方も是非お試しください。

カテゴリー
口臭

今日からすぐできる口臭対策・ケア方法

毎日きちんと歯磨きをしていても、口臭に悩まれてはいませんか?
そんなときは、歯磨きでは届かない場所に食べかすが挟まっていたり、それが原因で歯茎が弱っているのかもしれません。
本記事では口臭が気になる方を対象に、すぐにできる対策・ケアの方法をシェア致します。

イニオを飲んだ効き目!

①デンタルフロス(糸ようじ)
歯磨きによるブラッシングだけでは、歯と歯の間につまった食べかすを取り除けないことがあります。
取り除けない食べかすを放っておくと、それが原因で歯茎の炎症につながったり、虫歯の原因になることがあります。
食べかす自体が嫌なにおいを発することもありますが、歯茎が弱り歯周病や虫歯になっても口臭の原因となります。
また、デンタルフロスは歯と歯の間の歯垢もそぎ落とせるので、定期的に使用することで口内環境を衛生的に保つことができます。

②歯間ブラシ
歯茎が弱ると口臭の原因となることもあります。
歯間ブラシは、歯磨きのブラッシングでは届かない歯と歯の間の歯茎をブラッシングすることができます。
食べかすを取り除けるだけでなく、歯間の歯茎をブラッシングすることで歯周病や歯肉炎を対策することができ、結果口臭対策に繋がります。

【まとめ】
口臭の原因は様々ありますが、すぐに対策・ケアできる方法として、デンタルフロスと歯間ブラシをシェアさせていただきました。
どちらもお近くの薬局等ですぐに購入することができますので、もし口臭に悩まれたり、もしくは対策をしたいとお考えの場合は試してみてはいかがでしょうか?
また、慣れてない方は力を入れすぎて歯や歯茎を傷めてしまうこともありますので、優しく行ってみて下さい。
もちろん、定期的に歯科医院へ通われることもお忘れなく。

お読みいただき、ありがとうございました。
口臭ケアの対策の参考になれば幸いです。