カテゴリー
口臭

磨いちゃいけないこともある

口臭が気になった時、皆さんは何をしますか?歯を入念に磨く、舌を磨く、マウスウォッシュをするなど様々な対策があると思います。中でもお金がかからず、誰でも始められるのが歯を入念に磨く、舌を磨くだと思います。

http://www.guesthouseborg.com/

私も以前は口臭が気になっていたため(特に早朝、寝起き)歯や舌を入念に磨くようにしていました。しかし、一向に口臭は改善されませんでした。それだけではなく、歯を磨きすぎることによって歯の表面のエナメル質が削れてしまい、知覚過敏になってしまいました。また、舌を磨くことによってさらに口臭がひどくなってしまいました。後から知ったことなのですが、舌を必要以上に磨くことで、デリケートな舌が傷ついてしまい、口臭の原因である菌をさらに増加させてしまっていたのです。

私自身は頑張っているつもりだったのに、それが自分自身の口臭を増悪させていただけでなく口腔環境を悪くしていたのです。そこで私はもう一度口臭対策を見直してみました。口臭が気になるときは口が乾燥しているときだと気付きました。それに気づいた私は、唾液がしっかりでるように水分をしっかり摂取したり、ストレスを溜めないように睡眠をよく取ることを心がけました。その結果、現在ではかなり口臭が改善しました。口臭でお悩みの方も是非お試しください。

カテゴリー
口臭

今日からすぐできる口臭対策・ケア方法

毎日きちんと歯磨きをしていても、口臭に悩まれてはいませんか?
そんなときは、歯磨きでは届かない場所に食べかすが挟まっていたり、それが原因で歯茎が弱っているのかもしれません。
本記事では口臭が気になる方を対象に、すぐにできる対策・ケアの方法をシェア致します。

イニオを飲んだ効き目!

①デンタルフロス(糸ようじ)
歯磨きによるブラッシングだけでは、歯と歯の間につまった食べかすを取り除けないことがあります。
取り除けない食べかすを放っておくと、それが原因で歯茎の炎症につながったり、虫歯の原因になることがあります。
食べかす自体が嫌なにおいを発することもありますが、歯茎が弱り歯周病や虫歯になっても口臭の原因となります。
また、デンタルフロスは歯と歯の間の歯垢もそぎ落とせるので、定期的に使用することで口内環境を衛生的に保つことができます。

②歯間ブラシ
歯茎が弱ると口臭の原因となることもあります。
歯間ブラシは、歯磨きのブラッシングでは届かない歯と歯の間の歯茎をブラッシングすることができます。
食べかすを取り除けるだけでなく、歯間の歯茎をブラッシングすることで歯周病や歯肉炎を対策することができ、結果口臭対策に繋がります。

【まとめ】
口臭の原因は様々ありますが、すぐに対策・ケアできる方法として、デンタルフロスと歯間ブラシをシェアさせていただきました。
どちらもお近くの薬局等ですぐに購入することができますので、もし口臭に悩まれたり、もしくは対策をしたいとお考えの場合は試してみてはいかがでしょうか?
また、慣れてない方は力を入れすぎて歯や歯茎を傷めてしまうこともありますので、優しく行ってみて下さい。
もちろん、定期的に歯科医院へ通われることもお忘れなく。

お読みいただき、ありがとうございました。
口臭ケアの対策の参考になれば幸いです。