カテゴリー
スキンケア

季節の変わり目が要注意

日本には春夏秋冬、美しい四季の移り変わりがはっきりしています。

それぞれ過ごしやすく、四季を楽しむことができます。

モイスポイント

美しい季節の移り変わりですが、そんな時こそお肌は敏感に反応しています。

いつもの同じスキンケアをしているのになぜか化粧ノリが悪かったり、化粧水が肌に浸透しなかったり、様々な問題が出てくるのもこの季節の移り変わりの時期です。

私は特に乾燥肌なので、化粧水、乳液は念入りに行っていますが、この季節になると肌がボロボロになってしまいます。その上から化粧下地、ファンデーションを付けると、肌が剥がれているんじゃないかと心配になるくらいボロボロに。本来、肌を綺麗に見せるはずのお化粧も逆に汚く見えてしまうことがあります。ボロボロの肌でお出かけしても、人の目線が気になり、楽しめないことがありました。

そんな時はいつもより念入りにスキンケアを行います。

まず洗顔は普段よりも泡立てて早めに流します。泡を多くすることで、少しの時間で汚れを落とし、肌につける時間を少しでも少なくします。洗い流す時もぬるま湯にし少しでも肌にかかる負担を減らします。

化粧水や乳液だけでなく、パックもし保湿を心がけています。

化粧下地を塗るときも少し乳液を混ぜ潤いをキープさせるようにしています。

これから冬になり、空気が乾燥してきます。肌にも潤いがなくなってくるので、より一層スキンケアを行っていきます。