カテゴリー
育毛

扱いにくい元気な髪より年を重ねた髪が好き

わたしの髪は太くて硬くて、もみ上げは硬さゆえに変な癖があり短いのに毛先は枝毛になりやすい上に乾燥しがちであることから直毛であること以外は扱いにくくて苦労したのです。大人になって髪を伸ばすようになってからは多少は楽になりましたがパーマやヘアカラーには興味なくスタイリング材も使わず地毛のまま。

http://www.odr2019.org/

硬すぎて髪の毛が顔の皮膚に当たって切れてしまうことも。しかし老化というのは少しずつやってくるもので、白髪が生えてコシが失くなり直毛からガタついたウェーブがつくようになり一時期やたら脂ぎった感じになったり更にシャンプー時の抜け毛が気になるようになりました。どれぐらいかというと毎日呪われたような毛量が手にまとわりつかれるというさすがにホラーな映画によくあるビジュアルになってしまいビックリしたものです。

昔はヘアカットの時に髪をすいて毛量を減らしたのに伸びてくるとまた髪をまとめたときに髪の厚さを感じていたのに、なんだか段々その厚みも薄くなっていくのに気づきました。髪が細くなったのかなとも思いましたが、それにプラスして全体的に髪の毛が減っていってるのもわかりました。結果、昔よりシャンプーやまとめたりするのにヘアクリップのみで止められるようになり扱いが楽になりました。老化で不便になることもありますが、逆に楽になれることもあるからだの変化を受け止めてうまく付き合っていきたいと思います。